2022年版 アンダーズ東京の宿泊者ラウンジ体験ブログ – 宿泊者限定の無料サービスの内容をレビュー

アンダーズ東京の宿泊者専用ラウンジ

2022年3月に港区虎ノ門のアンダーズ東京に宿泊してきました!

アンダーズ東京は、東京都港区虎ノ門にあるラグジュアリーホテルです。
一休.comでStudioキングルーム(50㎡)を1泊2日の朝食付プランで39,848円(消費税・サービス料込)で予約して宿泊しました。

※Alt: 2022年3月に一休.comでキングルームを1泊2日朝食付プランで予約した際の宿泊記録の写真

アンダーズには、「アンダーズラウンジ」という宿泊者全員が無料で24時間利用できるラウンジがあります。

実際に宿泊してみて、クラブラウンジとロビーラウンジの中間のようなカジュアルなラウンジが、24時間無料で利用できるのは、ラグジュアリーホテルでは珍しく、なかなか良かったです。

今回の記事では、アンダーズのラウンジについて紹介します!

・アンダーズ東京に宿泊したら、ラウンジでどんなサービスが受けられるの?
・他のホテルのクラブラウンジとの違いやコスパは?
・子供連れでもラウンジは利用できる?年齢制限は?

アンダーズラウンジのサービス内容や、実際に宿泊してラウンジを利用してみた感想、クラブラウンジとのコスパについても比較します!

アンダーズ東京に今度泊まってみたい人や、アンダーズラウンジを実際に利用した様子について詳しく知りたい人には必見です!

アンダーズ 宿泊者専用ラウンジの詳細

アンダーズラウンジは、宿泊者全員が24時間利用可能な宿泊者専用のラウンジです。

アンダーズ東京の広々としたアンダーズラウンジ(宿泊者専用ラウンジ)の全体の様子の写真
アンダーズ東京のアンダーズラウンジ(宿泊者専用ラウンジ)

アンダーズ東京は、虎ノ門ヒルズの47~52階にあります。
アンダーズラウンジは、ロビーとメインダイニングのある51階に位置しています。

◆アンダーズ東京の全体階層イメージ

52階ルーフトップバー、テラスなど
51階アンダーズラウンジ、レセプション、レストラン
47-50階客室
37階スパ

アンダーズのコンセプト

アンダーズは、ヒンディ語で「パーソナルスタイル」の意味で、自分らしく自由で心地よい”パーソナル”な時間を楽しむホテルとして、流行に敏感な旅慣れた人に向けた新しいタイプのホテルです。

地域の魅力を活かした遊び心のある斬新なデザインも特徴的なホテルです。

アンダーズの和紙の柄のような日本デザインを遊び心が感じられるロゴのディスプレイの写真
アンダーズの和紙の柄のような日本デザインを遊び心が感じられるロゴのディスプレイ

そして、アンダーズラウンジは、アンダーズらしさの象徴である、自分らしく自由で心地よい”パーソナル”な時間を楽しむホテル場所として、とても重要な役割を果たしています。

アンダーズラウンジのサービスの内容

アンダーズラウンジのサービス内容は以下の通りです。

  1. ウェルカムドリンクを飲みながらのパーソナルチェックイン
  2. 24hourラウンジの利用が可能
  3. ソフトドリンク&スナック類の提供(温かいドリンクもあり)
  4. イブニングタイム18:00-20:00(アルコール含むドリンクと軽食の提供)
  5. パーソナルコンシェルジュサービス

それでは、アンダーズラウンジのサービスの内容を順番にみていきましょう!

1. ウェルカムドリンクを飲みながらのパーソナルチェックイン

ラグジュアリーホテルのスタンダード客室に宿泊する場合は、フロントでチェックインするのが一般的ですが、アンダーズでは、ラウンジで座ってチェックインを行います。

1階のエントランスから、エレベーターでロビー階の51階に上がります。

アンダーズ東京 | ライトアップされた華やかな雰囲気の1階のエレベーターホールの写真
アンダーズ東京 | ライトアップされた華やかな雰囲気の1階のエレベーターホール

51階でエレベーターを降りて進んでいくと、スタッフが近づいてきて、ラウンジに案内してくれます。
ラウンジの入口には、こんな大きなアート作品もありました。

アンダーズ東京 | 51階ロビー階に飾られているアート作品の写真
アンダーズ東京 | 51階ロビー階に飾られているアート作品

アンダーズラウンジは、レセプションとメインダイニングに囲まれた場所にあります。
天井高の高いスケール感のある広々とした空間です。

アンダーズ東京の広々としたアンダーズラウンジ(宿泊者専用ラウンジ)の全体の様子の写真
アンダーズ東京の広々としたアンダーズラウンジ(宿泊者専用ラウンジ)の全体の様子

チェックインは、こちらのテーブル席を案内されました。

アンダーズ東京の宿泊者専用ラウンジのテーブル席 | 天井高が高く開放的なスケール感のある空間
アンダーズ東京の宿泊者専用ラウンジのテーブル席 | 天井高が高く開放的なスケール感のある空間

ホテルスタッフが、最初にウェルカムティーを席に運んできてくれました。
ホテルの案内が書かれた紙も一緒に手渡され、軽く目を通すように促されます。

スタッフがタブレット端末を持ってきて、ラウンジでチェックイン手続きを行い、館内の説明を一通り受けます。

ちなみに、チェックアウトの際は、カウンターに立ち寄らずにエクスプレスチェックアウトも可能だそうです。

アンダーズ東京のラウンジでのチェックイン | ウェルカムティーを飲みながらホテルの案内を読む写真
アンダーズ東京のラウンジでのチェックイン | ウェルカムティーを飲みながらホテルの案内を読みます

下の写真は、各施設の営業時間利用方法についての案内です。

私が宿泊した時は、メインダイニングのザ・タヴァンのダイニングエリアがメンテナンスのために一時休止となっており、朝食がレストランではなく、51階の宴会場で提供されていました。

アンダーズ東京のラウンジでのチェックイン時に渡されたホテルの案内の写真
アンダーズ東京のラウンジでのチェックイン時に渡されたホテルの案内(各施設の営業時間など)

こちらがスパについての案内です。

プールとフィットネスは、6:30-22:00まで営業しており、感染対策のために利用人数の予約制限を設けていました。アンダーズのスパは、フィットネス用のウェアやシューズが無料でレンタルできて便利です。

アンダーズ東京のラウンジでのチェックイン時に渡されたホテルの案内(AOスパ&クラブの利用について)の写真
アンダーズ東京のラウンジでのチェックイン時に渡されたホテルの案内(AOスパ&クラブの利用について)

そのほかにも、ターンダウンサービスやレストランの予約についての案内もありました。

カードキーが渡され、無事にチェックインが完了しました。

アンダーズ東京のカードキーの写真
アンダーズ東京でチェックインが完了し、カードキーが渡されます

2. ホテル滞在中は24hourアンダーズラウンジの利用が可能

アンダーズラウンジは、51階のフロントとレストランに隣接した中央部分に配置され、宿泊者は滞在中24時間無料で利用することができます

客室のプライベートな空間とは別に、ふらっと立ち寄って自由に過ごせる場所があるのは、ありがたいですね。

アンダーズラウンジは、高層階からの絶景を堪能できる客室やレストランのような絶景は見ることができませんが、よりカジュアルな感覚で、カフェや自宅のようにくつろぐことができる空間です。

アンダーズ東京の宿泊者専用ラウンジの様子 | 高級感がありながらカフェや自宅のようにくつろぐことのできる空間
アンダーズ東京の宿泊者専用ラウンジの様子 | 高級感がありながらカフェや自宅のようにくつろぐことのできる空間

ラウンジには、2人がけの独立したテーブル席のほか、数人で座るT字型のテーブル席もあります。
こちらの席では、昼夜問わずパソコンで作業をしている人もみかけました。

アンダーズラウンジのT字型のテーブル席
アンダーズラウンジのT字型のテーブル席は、パソコン作業にも便利

↓出典:@momomi_ometabiさんの口コミ

3. ソフトドリンク&スナック類の提供(温かいドリンクもあり)

ラウンジの中央には、丸テーブルと観葉植物があり、アルコール除菌シートと一緒に、ミネラルウォーターやスナック菓子が常時置いてあり、宿泊者は自由にいただくことができます。

アンダーズラウンジ | 常時ミネラルウォーターやスナック菓子が置いてあり、宿泊者は自由にいただくことができる
アンダーズラウンジには、ミネラルウォーターやスナック菓子が置いてあり、宿泊者は自由にいただくことができます

飲み物は、ミネラルウォーターや冷たいお茶・ジュースのほか、スタッフにリクエストすれば、コーヒー、カフェラテ、紅茶、カフェラテなどの温かいドリンクも持ってきてもらえました。

コーヒーや紅茶は、陶器のカップに入った出来立てを美味しく頂くことができます。

↓出典:@bon_moment_24hさんの口コミ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

feliette(@bon_moment_24h)がシェアした投稿

スナック菓子は、時間帯によって、ココナッツのオートミールやミニケーキ、おかきなどもありました。少し小腹が空いた時などに嬉しいですね!

ラウンジのミネラルウォーター・スナック菓子・ミニケーキ
朝食の時間帯にはミネラルウォーターのほか、ココナッツのオートミール、ミニケーキなどもありました

↓出典:@mirrorringさんの口コミ

4. イブニングタイム18:00-20:00(アルコール含むドリンクと軽食の提供)

アンダーズラウンジでは、宿泊者限定のイブニングタイムを毎日開催しています(※18:00-20:00 時間の変動があるため事前に確認をおすすめします)。

イブニングタイムには、ビール・ワイン(赤・白・スパークリング等、時期によって変更あり)や季節のお酒などのアルコール類、軽食(日替わりのおつまみ)の提供があります。

ドリンクの提供は、以前は自分で取りに行く形式だったようですが、私が宿泊した際には、メニュー表から好きなドリンクを選んで、スタッフに運んできてもらう形でした。

↓出典:@errrrrrichinさんの口コミ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ERRRRRRI(@errrrrrichin)がシェアした投稿

↓出典:@hinaco31075300さんの口コミ

5. パーソナルコンシェルジュサービス

アンダーズラウンジでは、パーソナルコンシェルジュサービスを受けることもできます。

半個室のコンシェルジュブースやラウンジに座って、交通機関や観光案内から近隣のレストランの予約までコンシェルジュに相談することができます。

アンダーズラウンジにある半個室のコンシェルジュブースの写真
アンダーズラウンジにある半個室のコンシェルジュブースでコンシェルジュに相談もできる

私は、近隣のレストランでのおすすめを聞いてみましたが、質の高いコンシェルジュの方が、好みの料理の種類やレストランの場所、価格帯などの希望を詳しく聞いた上で、的確にアドバイスしていただけました。

アンダーズ 宿泊者専用ラウンジを利用した感想・メリット

宿泊者専用ラウンジは、宿泊者全員が滞在中24時間、好きな時に無料で利用できるのがメリットです。

お部屋から出て、気分転換にラウンジでコーヒーを飲みながら仕事をしたり、スタッフと談笑したり、さまざまなシーンで、ホテルライフをより自由に楽しむことができます

もちろん、イブニングタイムやドリンク・軽食のサービスが無料なのも嬉しいポイントですね!

◆アンダーズ東京で味わえるさまざまなシーン

絶景のプライベート空間(客室)
宿泊者限定の落ち着いたラウンジ
賑わいのある絶景レストラン・バー

都内ラグジュアリーホテルのクラブラウンジとのコスパ比較

一般的なクラブラウンジの場合、一般客室との差額を支払ってクラブラウンジを利用しますが、アンダーズ東京では、客室タイプにかかわらず、宿泊者全員がラウンジを利用することができます

都内のクラブラウンジ付の客室の値段と比べてみると、以下のとおりです。
都内のラグジュアリーホテルのクラブラウンジ付きの客室は、最低でも6〜7万円以上かかります。

そう考えると、アンダーズは、1部屋5万円台でラウンジもおまけで付いているのは、高級ホテルの料金として悪くない気がします。

◆都内高級ホテルのクラブラウンジとアンダーズラウンジの価格比較

ホテル名一般客室料金
クラブ客室料金
クラブフロア差額
①-②
ザ・リッツ・カールトン東京100,804円139,084円38,280円
グランド ハイアット 東京63,092円94,638円31,546円
シャングリ・ラ 東京48,070円90,134円42,064円
コンラッド東京41,464円60,033円18,569円
ウェスティンホテル東京55,936円70,852円14,916円
アンダーズ東京55,676円0円
※10月5日(水)一休.com 1室2名の場合の1室あたりの料金(税・サービス料込)

つづいて、クラブラウンジ有/無の高級ホテルとのサービスの比較です。

一般客室では、ラウンジサービスが受けられないのが通常ですが、クラブラウンジ付きの客室を予約すると、アフタヌーンティーやカクテルタイムなどの手厚いサービスを受けることができます。

特に、ザ・リッツ・カールトンでは、1日5回のフードプレゼンテーションなど、至れり尽くせりの王様になったような手厚いサービスが受けられます。

アンダーズラウンジは、一般客室とクラブフロアのちょうど中間の位置づけで、至れり尽せりのサービスというより、自宅のリビングでくつろぐような感覚のシンプルでカジュアルな空間です。

◆都内高級ホテルのクラブラウンジとアンダーズラウンジのサービス内容の比較表

一般客室
の場合
アンダーズ
ラウンジ
高級ホテルの
クラブフロア
パーソナルチェックイン×
24hourラウンジ利用可能××
無料のドリンク・軽食サービス×
アフタヌーンティー××
イブニングカクテルタイム×
パーソナルコンシェルジュサービス×
パーソナルチェックアウト××
クラブラウンジでの朝食××

豪華なアフタヌーティーや、選びきれないほどのカクテルタイムのドリンクや食事はないけれど、宿泊者全員が、好きな時に好きなだけ自由にくつろげる場所があり、無料のドリンクもいただけて、さらにイブニングタイムには、ビールやワイン・おつまみもいただけます。

アンダーズの宿泊者ラウンジ Q&A

アンダーズの宿泊者ラウンジの年齢制限は?子供も入れる?

アンダーズラウンジは、年齢制限はないため、子供も一緒にラウンジを利用することができます。18:00-20:00の宿泊者限定のイブニングタイムも、ジュース類などのドリンク類もあるので、子供と一緒に楽しむことができます。

虎ノ門のオフィス街という場所柄、ビジネス関係の宿泊客やカップルの姿が多いホテルですが、子供連れでも大丈夫です。

宿泊者ラウンジで朝食の提供はある?

アンダーズラウンジでは、朝食の提供はありません。朝食は、基本的に、51階のレストランかルームサービスで提供されます。

ただし、コーヒーや紅茶などのホットドリンク、ミネラルウォーターなどはラウンジでいただくことができ、私が宿泊した際は、スナック菓子などもありました。

普段朝食をとらない人や軽くお腹に入れるだけで十分という人は、コーヒーとスナック菓子で簡単に朝食をすませる人もいるようです。

アンダーズ東京 施設紹介

アンダーズ東京は、虎ノ門ヒルズの開業とともに、2014年に虎ノ門に開業したホテルです。

アンダーズ東京 外観の写真 |虎ノ門ヒルズの上層階にあるラグジュアリーホテル
アンダーズ東京 外観の写真 |虎ノ門ヒルズの上層階にあるラグジュアリーホテル

アンダーズは、世界的ホテルチェーン ハイアットのラグジュアリーブランドで、ニューヨークやロンドン、上海などの主要都市を中心にブランド展開しています。

都内で東京タワーが一番綺麗に見えるともいわれる眺望が人気です。

アンダーズ東京から眺める眺望 | 東京タワーも綺麗にみえる絶景の眺望が楽しめる写真
アンダーズ東京から眺める眺望 | 東京タワーも綺麗にみえる絶景の眺望が楽しめる

また、活気のあるデザインと日本文化や地域の個性を反映した、遊び心のあるデザインも魅力です。
館内はたくさんのアート作品が飾られていますので、写真を撮るのも楽しいです♪

お部屋はスタンダードでも50㎡と広く都内を一望し、51階のレストランタヴァンや最上階52階のルーフトップバーからは、スカイツリーや東京タワーを臨む眺望を思う存分堪能できます!

アンダーズ東京の客室 |50㎡ある広々とした客室(写真はスタンダードタイプのキングルーム)
アンダーズ東京の客室 |50㎡ある広々とした客室(写真はスタンダードタイプのキングルーム)

アンダーズ東京の客室からの眺望 |47-50階の客室から絶景の眺望が楽しめる
アンダーズ東京の客室からの眺望 |47-50階の客室から絶景の眺望が楽しめる

アンダーズ東京の部屋から窓の外を眺めた風景の写真
アンダーズ東京の部屋から窓の外を眺めた風景

アンダーズ東京へのアクセス

東京メトロ 日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」
中目黒方面 地下鉄歩行者通路経由で 徒歩約3分

詳しいアクセスはこちら

まとめ

◆アンダーズ東京 宿泊者専用ラウンジ体験記レビュー

ラウンジの広さ・高級感4 out of 5 stars (4 / 5)
ラウンジの自由度4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
ラウンジの居心地の良さ3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)
ラウンジからの眺望3 out of 5 stars (3 / 5)
ラウンジサービスの充実度3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)
イブニングタイムの充実度3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)
ラウンジのコストパフォーマンス4 out of 5 stars (4 / 5)

アンダーズ東京の宿泊者専用ラウンジについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

高級ホテルのクラブラウンジといえば、アフタヌーンティーやカクテルタイムなど、至れり尽くせりの豪華なサービスが一般的ですが、アンダーズラウンジは、宿泊者全員が無料で利用できる、よりシンプルでカジュアルなカフェや自宅のような空間です。

クラブラウンジのような豪華な食事や、至れり尽せりのサービスを求める人には、少しもの足りない面もあるかもしれませんが、一般の客室を含めた宿泊者全員が、好きな時に自由にラウンジを利用でき、ドリンクや軽食サービスもあり、さらにイブニングタイムまで無料で利用できるのは、個人的に嬉しく感じました。

都内のクラブラウンジ付きの客室の料金と比較して、コスパも良いのではないでしょうか。

ぜひ、気になる人はアンダーズ東京に、一度泊まってみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

関連記事

  1. コンラッド大阪とインターコンチネンタル大阪を比較

    カップル宿泊比較体験記【コンラッド大阪VSインターコンチネンタル大阪】重要6項目でラグジュアリー感を徹底検証!

  2. 【レンタカーなし】久米島のホテル選び 久米島路線バス

    久米島イーフビーチホテル宿泊体験ブログ | レンタカーと送迎バスがなくても満喫できる5つの理由とは?

  3. 東京で話題のライフスタイルホテル 日本橋兜町 K5 宿泊体験ブログ | 宿泊してわかった5つの人気の理由とは?

    ホテル K5(日本橋兜町)宿泊体験記 | 泊まってみてわかったおしゃれな女性に人気の理由5選

  4. 帝国ホテルのマカロン

    OLに好評の帝国ホテルガルガンチュワの手土産マカロン3種を試食レビューしてみた

  5. ザ・ナハテラス宿泊体験ブログ|クラブラウンジでアフタヌーンティーと朝食ビュッフェを満喫!

  6. 金沢駅前で女子旅におすすめのホテル | ハイアットセントリック金沢宿泊記ブログ

    ハイアットセントリック金沢宿泊体験ブログ | 泊まってみてわかった女子一人旅におすすめの理由8選

  7. 帝国ホテルのロビーの装花 2022年9月のお花は「ケイトウ」

    【2022年9月】帝国ホテルのロビーの装花が素敵!9月の花「ケイトウ」華やかなロビーの様子を紹介

  8. 那覇空港に深夜到着・早朝出発でおすすめのホテル

    東急ステイ那覇 カップル宿泊記|深夜・早朝フライトのタクシー移動・短時間滞在で1人3,800円の高コスパが最高!

  9. ライフスタイルホテル東京 イメージ写真

    ライフスタイルホテル 東京 宿泊体験記|泊まってみてわかったグレード別(1人1.5万円〜1人2.5万円)カップルにおすすめのホテル3選

プロフィール


東京都在住、旅行が趣味です。

海外16ヶ国を自腹で旅して、国内は、全国29県のホテルに宿泊してきました。

旅好き女子の目線で、現地で体験した「生の情報」をお伝えします。

◆旅のスタイル:観光よりホテルでのんびり派
◆ホテルの厳選アメニティ
◆クラブラウンジ

>> 運営者プロフィールはこちら

  1. 東京で話題のライフスタイルホテル 日本橋兜町 K5 宿泊体験ブログ | 宿泊してわかった5つの人気の理由とは?

    ホテル K5(日本橋兜町)宿泊体験記 | 泊まってみてわかったおしゃ…

  2. アンダーズ東京の宿泊者専用ラウンジ

    2022年版 アンダーズ東京の宿泊者ラウンジ体験ブログ – 宿泊者限定…

  3. 日和チャプター京都アメニティ宿泊体験記 | 泊まってわかった女性に嬉しいアメニティが満載!使い心地をレビュー

    日和チャプター京都アメニティ体験レビュー | 女性に嬉しい厳選アメ…

  4. コンラッド大阪とインターコンチネンタル大阪を比較

    カップル宿泊比較体験記【コンラッド大阪VSインターコンチネンタル…

  5. ソラノホテル宿泊体験ブログ | 泊まってみてわかった女子旅におすすめの理由10選

    ソラノホテル 宿泊体験ブログ | 泊まってみてわかった女子一人旅に…

  6. 那覇空港に深夜到着・早朝出発でおすすめのホテル

    東急ステイ那覇 カップル宿泊記|深夜・早朝フライトのタクシー移動…

  7. 金沢駅前で女子旅におすすめのホテル | ハイアットセントリック金沢宿泊記ブログ

    ハイアットセントリック金沢宿泊体験ブログ | 泊まってみてわかった…

  8. コンラッド大阪のアメニティ

    コンラッド大阪のアメニティとコンラッド東京のアメニティを比較!

カテゴリー

アーカイブ